home > crystals

 

ブルーレースアゲート Bluelace agate

和名:青縞瑪瑙

対応チャクラ:第5(のど)チャクラ

キーワード:優しさ、冷静、育む、安らぎ

 

二酸化ケイ素から構成される鉱物は、まとめて「石英」というグループに分類されます。 石英には、水晶やカーネリアン、サードオニキスなど幅広い種類がありますが、細やかな結晶が緻密に集まり、透明でない石を「玉髄(カルセドニー)」と言い、その中でも縞模様を形成したものを「瑪瑙(アゲート)」と言います。 

シシリアにあったアカテス(Achates)川で最初に産出されたことから、アゲートという名が付いたという説があります。 また、和名の瑪瑙は、原石の外観が馬の能に似ていることから付けられたと言われています。

アゲートには、黒や緑、赤、青など含まれる不純物によって様々な色がありますが、ブルーレースアゲートはその名のとおり、レースのような可憐な縞模様の青い瑪瑙です。

 

さまざまな種類のあるアゲートは、古代より各地で儀式やお守り、治療などに用いられてきました。 その他、太古の時代には石器の材料として、またローマ時代にはカメオや印章など、実用的な使い方も多くされてきました。 チベットの人々は、これを蓮の花に見立て神の石として信仰したそうです。

 

ブルーレースアゲートはストレスを取り除き、心に安らぎを与え、リラックスさせてくれると効果があるとされます 恐れ怒り、不安焦りなどのマイナスの感情を鎮め、トラウマや心の混乱を解き放って感情をコントロールできるよう手助けしてくれるでしょう。 その穏やかで平和な気持ちを持ち続けることが可能となり、人付き合いが良くなって友人を増やし、交友関係を豊かなものにすることが出来るといわれています。 人と話すのが苦手な人や緊張しやすい人、信頼関係を深めたり、誤解を解きたい時などコミュニケーションに関してお奨めの石です。

 

また、危険を回避する作用にも優れているとされるため、ピンチやトラブルに直面した時に守ってくれる他、知性や創造的才能を高め、迷いをなくし最後まであきらめないでやり遂げるパワーを与えてくれます。

 

体への作用としては、活動的にさせる交感神経の緊張を慎めてくれるので、活発すぎる頭の働きを落ち着かせ、深い睡眠を促してくれます。 また体液のバランスを保ち、発熱や筋肉のけいれんなどに対して沈静作用があると言われています。

 

・ 大きめのタンブルをベッドの近くに置くと安眠できます。

・ ブルーレースアゲートの風景のような模様を見つめることで、目の疲れやリラックスに良いとされています。

・ 人間関係やのどの癒しにはペンダントがお奨めですが、バッグやポケットに忍ばせておいても良いでしょう。

 

*浄化方法:クラスター、セージ、日光、月光、音叉、流水、塩

塩による浄化は、ブルーレースの結晶の隙間に塩分が入り込む可能性があるので、あまりお奨めしません。