home > crystals

 

アンバー Amber

和名:琥珀

対応チャクラ:第1(ルート)チャクラ、第2(丹田)チャクラ、第3(みぞおち)チャクラ

キーワード:元気、刺激、強化

 

アンバーは、針葉樹の樹液が数千万年かけて化石化したもので、実際には石や結晶ではないのですが、地中から採取されるため、便宜上鉱物として扱われています。

普通は美しい黄金色をしていますが、他に赤色や褐色、白色、緑や青色のものもあり、さらにときどき虫や植物を内包しているものもあります。

歴史は大変古く、旧石器時代の頃から装飾品や治療薬として使用されていたり、擦ると電気を帯びる性質から魔術や、儀式やお守りとして用いられてきました。

治療としては、水に浸した液や粉末を飲んだり身に着けることで、胃や耳、精神の病、伝染病、毒蛇の解毒など、さまざまな症状に効果があると信じられてきました。

 

現代では、胃もたれや胃腸の疲れなどの消化器系、肝臓や腎臓に働きかけ、ぜん息や気管支炎、関節痛にも良い効果をもたらすとされています。 さらに体内の毒素を排出させ、免疫力を上げるとされています。

また、その太陽のような色から、心を温め、恐れや不安の感情を追い払い、穏やかな落ち着きをもたらしてくれます。 さらにアンバーのその柔らかい性質から、周りの変化に順応する柔軟性やどんなことも許せる心を養ってくれます。

 

*浄化方法:クラスター、セージ、月光、音叉

 

*熱に弱いので日光での浄化は避けましょう。

*大変柔らかいので取り扱いには気をつけてください。

*アンバーのパワーは穏やかなので、効果を得るには長期間身につける必要があるとも言われています